レトロバック展 本所深川1970-

レトロバック 展本所深川1970-チラシ表.jpg

妙壽寺猿江別院展覧会のお知らせです★

【 レトロバック展 本所深川1970- 】
2019年7月12日(金) - 7月28日(日) 
金・土・日のみ開催 Open13:00 - Close18:00

 

本展覧会は、作家 野中光正が21歳の頃に描いた風景画を中心に飾っています。1970年- 東京が変わった時代。当時を知る人にとっては、風景を見て懐かしさがあるだろう。若い人にとっては、昔と繋がりながら新しいインスピレーションのきっかけになるのではないか。

作家メッセージ『今までの画業について』
子供の時から、看板の赤や電車の黄色、真っ青な空、キャラメルの箱に印刷された三色旗等、色面にとても惹かれ。21歳(大学を一年で辞めた年)父親の経営する町工場で午前中、働き午後スケッチブック片手に本所深川界隈を描きたい風景にでくわすまで歩き続けた。毎日描いているうちに少しづつ単純化して何本かの線だけになってしまった。その時、木版画に出会い色面と線でヌードモデルや風景を彫り摺った。最近作は、越後(門井出和紙)の紙にドーサ引きをして自家製の具(膠と顔料)で色面をつくり、なんとか新しい情緒、奥行(精神的にも物質的にも)を表現し、自分の世界をつくりたいと思っています。

( 月曜から木曜まで休館ですが、ご予約して入場することが可能です。)

【 講演会 + レセプションパーティー 】
野中光正(アーティスト)
2019年7月19日(金) 15:00-17:30
※講演会のみ予約制 (定員30名)
コメント欄もしくは、メッセージにてご予約が可能です。

21歳から23歳の間で、絵は具象から抽象へ変わりました。きっかけは何か。ミニマルアートやアメリカの抽象表現者と違う独自の視点や作家活動について語っていただきます。

【 レセプションパーティー 】
講演会終了後 18:00-20:00
作品鑑賞やアーティストとの交流をお楽しみください。
画集・作品の販売会も同時開催してます。

会場:妙壽寺猿江別院 (みょうじゅじさるえべついん)
東京都江東区猿江2-5-14

アクセス:住吉駅 B1出口から徒歩5分 都営新宿線・半蔵門線

主催:新木場倶楽部
この展覧会は江東区中小企業復興事業補助金の助成を受けて開催しています。